大切なお金の話

ノルウェージャンスターのチップ文化|基本的に船内でチップは必要ありません

更新日:

船内 チップ

ノルウェージャンスター内でチップは必要ありません。

ヨーロッパはチップ文化のある地域ですが、ノルウェージャンスターは「オールインワンクルーシブ(全部込み)」の料金制度を採用しているため、チップは原則不要を掲げているのです。

料金にチップが含まれている

厳密に言えば「チップ(サービス料)は勝手に支払われている」が正しい。

1人あたり1日14.5ドル。

最終日にまとめて会計に含まれて精算されます。14.5ドルと言えば1700円ほどですので、2人で7日間乗船していれば3万円近くなってしまうのでサービスに遠慮することはありません。

加えて、船内の有料フードやドリンクなども20%のサービス料が自動で付与されます。

ルームサービスなど個別注文の場合はチップを

とは言え、一歩踏み込んだサービスをお願いした場合はチップを払うのがマナーです。

例えば、ルームサービスを頼んだり、ベッドを動かしてもらった場合はスタッフの方に5%〜10%のチップを払うのがスマート。

船内通貨は「米ドル」ですが、チップは「ユーロ」で構いません。

また、払わなかったからペナルティがある訳でもないので、どうしてもチップ文化に馴染めない場合は払わなくても大丈夫です。

-大切なお金の話

Copyright© ノルウェージャンスター完全ガイド , 2020 All Rights Reserved.