エーゲ海の旅行記

クルーズ船の終日航海日【エーゲ海クルーズ】|船内に1日中いても退屈することは全くありません

投稿日:

ノルウェージャンスター号に限らず、1週間以上のクルーズ日程では

「どこの寄港地にも寄らず、ずっと航海している日」

が存在します。

今回のエーゲ海,アドリア海クルーズでは3日目がそうでした。

この日はどこにも上陸しないため、ゆっくり船内で過ごすことが出来ます。

朝はゆっくり起きられる

ノルウェージャンスター号は「フリースタイルクルージング」を採用しています。

【フリースタイルクルージングとは】

"自由"を最優先にしたクルーズスタイル。

服装はもちろん、食事の時間やテーブルも決まっていない。自分の好きなように過ごすことが出来る。

そのため、起床時間も食事時間も自由。

この日は9時過ぎまでゆっくり眠っていられました。

朝食もスタッフとの会話がない「ガーデンカフェビュッフェ」を選びました。ビュッフェ形式のレストランなので、気軽に好きなものだけを食べることが出来ます。

ビュッフェ 野菜

当たり前ですが、全体的にヨーロッパ風の味付けです。

ただ、シンプルな「ピザ」や「パン」「サラダ」「ポテト」「フルーツ」などが豊富に用意されているため、海外が苦手な私もここのビュッフェだけはストレスなく通うことが出来ました。

豊富なイベントが開催されている

終日クルーズの日は、朝から晩まで、船内のあちこちで様々なイベントが開催されていました。

ほんの一部を紹介します。

【午前】

7:00  モーニングショー
8:00  インドアサイクリング
8:30  みんなで1マイル歩こう
9:00  スタッフと交流しよう
9:00  フィットネスクラブダンス
10:00 価格当てゲーム
11:00 お手玉投げチャレンジ
11:30 ポーカートーナメント

【午後】

12:00 チョコレートワインペアリング
12:00 東洋の長寿の秘訣セミナー
12:30 ギターの演奏会
14:00 タグホイヤーの時計セミナー
14:00 ブラックジャックトーナメント
14:00 正しい歩き方セミナー
15:00 女性のための美容デモ
15:00 ウイスキー試飲会
16:30 元兵役たちの集い
17:30 卓球トーナメント

【今夜】

18:00 LGBTQの集い
19:30 ショータイム
21:30 ピアノリクエストショー
22:30 ダンスパーティ
23:15 クラブ音楽タイム

これ、「ほんの一部」です。

全イベントは毎日配られる新聞「FREE STYLE DIARY」の裏面に記載されているのですが、本当に数えきれないほどのイベントが開催されています。

船内新聞

ほとんどのイベントに予約はいらないため、気になったイベントの時間に直接出向けば参加できます。

初心者向けのイベントが大半のため、「卓球」や「ダンスレッスン」に参加している方が多めの印象でしたね。

どのイベントにも参加せずデッキでゆっくり

ただ、私は典型的なコミュ障なので、海外の方とのコミュニケーションが苦手なのです。

よって、船内で過ごしやすい場所を見つけて、妻とゆっくり過ごすことにしました。

デッキサイド デイベッド

ここは7階のデッキサイドのデイベッドですね。

中に入ってすぐの「アトリウムカフェ」でフレーバーティを買って読書するのは最高でした。適度な風と、エーゲ海の空気、日本ではなかなか感じられない時間です。

サイドデッキ ノルウェージャンスター

昼食を食べてからはプールサイドに移動しました。

天気の良い日の午後はたくさんの人がプールサイドに集まっています。とは言え、どこにも座れないほどではないので、少し歩けば落ち着く場所を探すことは簡単です。

プールサイド クルーズ旅行

ディナーは有料レストラン「クッチーナ」

この日のディナーは有料イタリアンレストラン「クッチーナ」に行きました。

イタリアンレストラン クッチーナ

食事の写真は撮り忘れてしまったのですが「王道のイタリアン」のイメージです。

  • 前菜
  • メイン
  • デサート

の中から1つずつ選ぶシステムで「生ハム」や「カプレーゼ」、「ピザ」や「パスタ」「肉料理」などが並んでいました。

同じツアーの皆さんにも好評だったようなので、船内でちょっと贅沢にディナーをするなら間違いないでしょう。

ノルウェージャンスター イタリアンレストラン

夜は「シアター」から「カジノ」へ

3日目のショーは「空中アクロバティック」でした。

シアター内は撮影禁止でしたのでお見せできませんが、連日、非常にクオリティの高いショーが開催されています。

最終日のフィナーレのみ撮影可能でしたので、イメージ写真としてどうぞ。

シアターショー クルーズ旅行

夜になれば「カジノ」が盛り上がります。

私は見ているだけでしたが、ルーレットやブラックジャック、ポーカーやスロットなどの基本的なゲームが遊べるため、比較的初心者でも楽しみやすいようです。

カジノ ノルウェージャンスター

また、カジノで遊ぶためには「米ドル」が必要になります。

日本からわざわざ米ドルを持ってきている人は少ないと思いますが、クレジットカードさえあれば、

  • カジノ内のATM
  • 7階のメインフロント

このどちらかで米ドルを入手できるので安心してください。

また、ノルウェージャンスター号でのクルーズ旅行に適したクレジットカードは以下のページで解説しています。興味のある方は、そちらをご覧ください。

ヨーロッパ VISA
クレジットカードの解説|公式ガイドでは2種類以上のクレカを持つことが推奨されています

ノルウェージャンスターに乗船する際、忘れてはいけないのが「クレジットカード」です。 公式ガイドブックの「持ち物」の項目では、 パスポート 乗船券 クレジットカード 以上のように、最初から3つ目に並ぶほ ...

続きを見る

3日目終わり

明日はギリシャのミコノス島。

集合時間は朝の8時ということで、今日は早めに寝ることにしました。

-エーゲ海の旅行記

Copyright© ノルウェージャンスター完全ガイド , 2020 All Rights Reserved.