クルーズの基礎知識

Wi-Fiや電波環境に関して|海上でのネット回線は諦めた方が無難、寄港地ではレンタルWi-Fiがおすすめ

更新日:

ノルウェージャンスターに限らず、海上でインターネット回線を使うのは難しい。

まず、通常の「スマホの海外利用」や「海外用のレンタルWi-Fi」は全て圏外になります。通常の回線は陸地から飛ばしているため、洋上では使用することが出来ないのです。

そのため、どうしてもネットに繋ぎたいのなら「高額な衛星通信を使ったWi-Fi」に繋ぐ必要があります。

ノルウェージャンスターの有料Wi-Fi

ノルウェージャンスターには、有料のWi-Fiが搭載されています。

利用方法は簡単です。スマホやPCなどでWi-Fiを選択して、客室番号を入力するだけ。料金は客室料金に自動的にチャージされ、下船時にまとめて請求されます。

具体的な料金は以下の通り。

【1分】0.95$

【100分】75.0$

【250分】125.0$

回線速度は公表されていません。私自身は利用していませんが、旅行会社の方は「非常に不安定で、評判は良くない」と仰っていました。

そのため、よほど切迫した状況でない限り利用はオススメしません。

最低限のWi-Fiならば、「海外用レンタルWi-FI」を日本で借りて、各寄港地で使うのがベターです。

寄港地で使いたいなら海外レンタルWi-Fiを

洋上では使えないものの、寄港地ではレンタルWi-Fiが活躍します。

私が利用したのはCMでも有名な「イモトのWi-Fi」です。

私のクルーズプランは、

  1. ヴェネチア(イタリア)
  2. コトル(モンテネグロ)
  3. ミコノス島(ギリシャ)
  4. サントリーニ島(ギリシャ)
  5. コルフ島(ギリシャ)
  6. ドブロブニク (クロアチア)
  7. ヴェネチア(イタリア)

この順番でしたが、コトルを除く全ての寄港地で対象範囲。

まとめ

ノルウェージャンスター内のWi-Fiは非常に不安定で高価なため、オススメはしません。

航海中にWi-FIが必要なことは多くないため、最低限の利用や寄港地でのMAP利用ならば「レンタルWi-Fi」の利用が基本になります。

-クルーズの基礎知識

Copyright© ノルウェージャンスター完全ガイド , 2020 All Rights Reserved.